bunbunの日記

カテゴリー(ただいま整理中)~ 日記、クラブB&J、奇妙な偶然、そのほか、

7月24日(金)

朝8時に目が覚める。

 

夜中に目が覚めてちょっと眠れなかったのだけど、それでもこんな時間まで寝ていたことはこれまでそんなにはない。

 

外は雨、今日も雨。

 

朝食、犬の散歩、農協へサヤインゲンの出荷。

 

それから、スタンダールの長編小説「赤と黒」を少し読む。

 

この間、カミュの「ペスト」を読んだことで西洋文学への関心が自分のなかで高まっているし、コロナ禍の状況も影響しているのかもしれない。これまで読んでいない作家の長大な小説を少しずつ時間を掛けて読みたいと(今は)思っている。

 

(次に読めたらいいなと思うのは・・・バルザック谷間の百合」、トルストイアンナ・カレーニナ」、ロマン・ロラン「魅せられたる魂」、プルースト失われた時を求めて」など)

 

午後も雨。昨日のクラブについてのブログを書いたり、ギターの練習をしたりする。

 

雨も落ちついて来た4時頃からサヤインゲンの収穫・調整作業。

 

しばらくは雨が降り、日が差し、虹が架かり、雨が降り、日が差し、虹が架かり、とめまぐるしく天気が変わる。

 

白ネギの排水作業をし、土寄せをした後にシートを掛けて圃場に置いたままにしていた機械(管理機)を軽トラに乗せて持ち帰り、それを洗い終わると夕食の時間。

 

その後は親子3人で犬の散歩をする。