bunbunの記

カテゴリー(ただいま整理中)~ 日記、クラブB&J、非日常的な、奇妙な偶然、そのほか、

カウントダウンの中断

 

9月23日(木)

 

体育館の前でバドミントンをしている数人の姿が見える。

 

部活でもあったのだろうか。

 

車から降りて「終わったの?」と聞くと「今からです」との答え。

 

「B&J? 僕のクラブ? なんで来ることになったん?」と聞くと、答えに戸惑っている子等の中から「前に来たことあります」との声。

 

そして別の方向からは「おっちゃん」と呼びかける声も。

 

高2:3人(うち女1)、高3:3人、大学1:2人、学年不明:1人、計9人

 

・・・

 

参加者が途絶えて1年9ヶ月が過ぎた。

 

途絶えたと言っても、誰も来なくなって2ヶ月ほど経った去年の3月5日には2年前に高校を卒業した11名(うち1人は1年前の卒業生)が県内外から突然やって来た日があったし(それからまた誰も来ない日々が続く)、その年の夏期休暇と今年の春期休暇の時期には大学生になったばかりの数人の顔を何度かこのクラブで見ることもあった。

 

現役の高校生も去年の6月から12月の間には時々来てもいる。

 

だけど、それもこの春までのこと。それからはまったく誰も来ない。

 

体育館の利用申請書は3ヶ月ごとにまとめて提出している。

 

4月から6月、7月から9月、10月から12月、1月から3月という具合に。

 

さすがに誰も来ないクラブをいつまでも続ける訳にはいかないだろうと、7月からの申請書を出すときに9月をもってクラブを終えることに決め、それを体育館を管理する公民館の職員に伝えもした。

 

終わりを3ヶ月先にしたのは、夏期休暇で帰省した大学生などがこれまでのようにクラブに来るかもしれず、そのときには小学生時代からの付き合いである彼らに終了のことを伝えたいと思ったのも理由のひとつだったけど、結局この夏は誰も来なかった。(この時期は町内でも新型コロナ感染者がずいぶんと多かったし・・・)

 

ただ、期間を設けたことにより折に触れて何人かに話すことができた。

 

たとえば、街のいろいろな場所で出会った、かっての小学生の親御さんたち。(そのうちの何人かは、クラブ開始当初には親子で参加していたこともあった)

 

「参加者がなくなったんで9月末で終えようと思います。おかげで15年間続けることができました。その間にのべ7000人の参加がありました」

 

そして、先日(9月18日)のバスケの大会では、今では社会人になっているクラブ経験者の数名にも話すことができた。

 

「参加者がなくなったんで・・・」

 

・・・

 

「こんど球技大会があるから、(練習のために)来たんじゃないの」

 

小学2年の頃から中学生になるまで欠かさずクラブに来ていた今は高3のA.Oくんと、別々にバスケのシュートをしながら話をする。

 

その隣では8人が2つのネットを挟んでバドミントンのダブルスをしている。

 

そこに、高3のA.Oくんと同じく小学生時代を通しての常連で、今は高2でバドミントン部のA.Oくんがいることに気づく。(2人は近所同士で、ついでにイニシャルも同じ)

 

高3のA.Oくんが言うには、バドミントンも球技大会の種目の一つであって、ダブルスをしている8人のうち6人がバドミントン部で2人がバスケ部とのこと。(引退後の元部員を含む)

 

そして、クラブの終わりにようやく気がついたのだけど、高校生ばかりだと思っていた8人のなかには2人の大学1年生がいて、そのうちの1人はまだ高校生たちがいつも来ていた2年前までの2年間、時折来てはバドミントンをしていた子であった。

 

・・・

 

今年の9月は木曜から始まっているので、クラブは5回できる。

 

いよいよ終わりになると思うと安堵するところもあった。

 

女房は、終わったらお祝いのご馳走をしようと言ってくれてもいた。

 

「鍵借りに来ました・・・あと5回」

 

公民館で体育館の鍵を受け取る度にカウントダウンも始めていた。

 

この日言ったのは「あと2回」。

 

・・・

 

「受験生だからね。コンビニでおっちゃんに会わなかったら、B&Jのことなんか頭から抜けてたよ」

 

2週間前だったか、いつものように誰も来ない体育館で30分ほどバスケの練習をした後に立ち寄ったコンビニで高3のA.Oくんを見て、クラブを終えることを話した。(普段、街で出会うことなんてまずない)

 

高3のA.Oくんが高2のA.Oくんにそのことを話したのかもしれない。そして高2のA.Oくんがかってのバドミントン部の先輩である夏期休暇中の大学生に連絡をしたのかもしれない。(今はみなラインでつながっているから)

 

なぜ、クラブに来ることになったのかは分からない。(この日たまたま部活動がなかったことは大きい)

 

 

9月27日(月)

 

10月から12月までの申請書を公民館に提出する。

 

 

 

 

 

白のリストバンド

 

「白いリストバンド持ってます?持ってない?じゃあ、用意しときます」

 

2年ぶりに当地で開催されるシニアのバスケットボール大会。これまでは赤いリストバンドをつけた50歳以上の得点が2倍となる地元ルールで行われていたのだが、今回から60歳以上は白いリストバンドをつけて3倍にすると、大会主催者のヒノハラくんが言う。

 

去る8月28日(日)大会当日。

 

隣県広島を含む町外からの複数のチームが参加していたこの大会も、コロナ禍により前回と同様に隣町と、その隣の町のさらに隣の市(以下「隣の市」と記す)からの2チームだけを招いての小規模なものとなっている。

 

体育館の玄関で検温して机の上の名簿に体温を記入。名簿には各チームの選手名とその年齢があって、それを見ると60歳以上は自分だけで、50代にしても我がチームである矢上中年隊には4人いるが、隣の市のチームは1人だけで、隣町のチームには誰もいない。

 

「コロナもあって最近は練習にもあんまり来てませんね。今度は連れて来ます」

 

シニアの大会ではいつもその姿があった自分より2つばかり年上の隣の市のチームの人は、前回に続いて今回もいないと言う。

 

隣町と隣の市との試合に続き、まずは隣の市のチームと対戦。

 

およそ4ヶ月前に始まり、この1ヶ月ほどはシュートも打てなくなっていた右手から肘にかけての痛みはこの大会が近づくほどに軽くなって、多少の違和感はあるもののプレイには支障ない。

 

結果はシュート4本。

 

バスケの大会に参加するようになったこの10年間ずっと、良くても1、2本しか決められなかった自分が、初めて5本のシュートを決めたのは5月の地元でのバスケ大会の初戦でのこと。

 

6月、7月と続いて行われた大会を合わせた後の5試合では、良くて1本といういつもの自分に戻っていたので、その結果にいくらか安堵するところもあったのだが、さらに重要なのはその得点数なのではないかと今は思っている。

 

人生初の24得点。

 

通常ならシュート1本で2点のところ、自分だけはそれが3倍。

 

6点、6点、6点、6点と追加されて行くのだから、味方は愉快で、敵は堪らない。

 

2試合目は隣町のチームとの対戦。

 

ここでは40歳ぐらいの選手にぴったりとマークされて打つ手もなく1本だけ。(それでも6点)

 

大会の結果は、なんだか(年だし)ぼーっとしていてよく覚えていないのだけど、得点が2倍になる50代が半数近くいる我がチームが2勝(だったはず)。

 

ヒノハラくんが「白のリストバンドで3倍」と言ったときには、それはやめて欲しいと正直思った。年取った上に悪目立ちまでするなんて。

 

でも、これはお祝いだと今は思っている。そして自分がそのお祝いの肴でもあるのだ。

 

普通なら行われているかもしれない打ち上げのないその日の夜に、1人家でお酒を飲みながらフェイスブックを見ていると、ヒノハラくんの投稿した画像が目に入った。自分にとってはこれもまた有り難いお祝いであった。

 

 

               (画像借用しました)

 

 

さて、9月からの3ヶ月間、春に続く秋のリーグ戦が行われる。

 

 

 

左手ひとり日記

 

7月14日(木)

 

3ヶ月におよぶ、地元バスケット春のリーグ戦が終わった後の最初のクラブの日。

 

右腕が痛いので、左手だけで30分ほど練習する。

 

「左手くん、今は右手が出しゃばることはないよ」

 

・・・この故障が、賢い左手誕生!のきっかけになれば幸いとも言えるのだけど。

 

 

 

終わりの始まりの始まり その7

 

7月7日(木)  クラブB&Jの日

 

痛みがあって、まだシュートが打てない。

 

30分ほど左手で練習をして帰宅する。

 

 

 

7月10日(日)

 

3ヶ月に渡る春のリーグ戦、最終第3弾。

 

「顔は出すつもりだけど、右腕の調子がいまいちでプレイは無理っぽいです」

 

前日、監督のヒノハラくんにラインでそう伝えていたけど、試合前に試してみると近くからならシュートが打てたので、案外大丈夫かもしれないと思う。

 

そして、ベンチに座って応援をしているうちにその気になってヒノハラくんに言う。

 

「できそうだから、やっぱり少し出るわ」

 

1試合目は、大会第1日の初戦の相手だった隣町のチーム。(初の1試合5本の相手)

 

2試合目は、地元2チームのうちの1チーム。

 

3回の大会で各チームが2回ずつ対戦するから、それぞれのチームが2度目の対戦となる。

 

1試合目はどのシュートもリングに嫌われて得点にならず、2試合目でなんとか1本ほど決まる。

 

自分の成績は振るわず、若い人たちの容赦ないプレイに翻弄されるようでもあったけど、そのスピード感がとても心地よい。

 

全試合終了後に表彰式。

 

優勝チームには、小さなトロフィーと賞品のバスケットボール。最多得点選手と、最多3ポイント得点選手と、参加者全員の投票によるMVP選手には、それぞれ小さなトロフイーが授与される。(最多得点選手はチームは違うけどいつも日曜のバスケで一緒にゲームしているナカムラくんで、151得点!2位とは53点差)

 

整列したりしなかったりするゆるい集まりの前で主催者のヒノハラくんが授与している光景を見ていて、隣町も含めたこの地元の4チームが3ヶ月に渡って対戦を繰り広げたことの意義を強く思った。

 

我がチームは全戦全敗の最下位。

 

そんなチームにおいても、例えば、大会を通じて紅一点だったハルカちゃんは今日の試合で数え切れないほどのシュートを決めてようやくその本領を発揮し、最近ずっとシュートに悩んでいたという50歳のニッタくんは「高校以来かもしれない」と本人が言うほどのたくさんのシュートを決めたりした。

 

※ ※ ※

 

春のリーグを無事終えたヒノハラくんは、9月、10月に秋のリーグをまた3回やると言っている。

 

さらに8月下旬には、約3年ぶりになるシニアの大会を計画しているとも言う。

 

「クラブB&Jも、これでたぶん最後」と言いながら9月までの利用申請書を体育館を管理する公民館に提出しているので、それまでは1人でも練習ができる。

 

あとは右腕の復調次第。

 

大丈夫だろうか。

 

年齢的な余裕はすでにない。

 

(このタイトルでは、これで終わり)

 

 

 

※ ※ ※

 

 

自分の得点

第1日目 : 第1試合 10点(5本)、第2試合 2点(1本)

第2日目 : 第1試合  2点(1本)、第2試合 0点

第3日目 : 第1試合  0点、    第2試合 2点(1本)

計16点(8本)

 

 

 

 

 

 

終わりの始まりの始まり その6

 

6月30日(木) 前々回からの続き

 

体育館から帰宅する途中で、「上(かみ)のスーパー」(町の中央から離れた上流にあるので我が家ではそう呼ぶ)に立ち寄ると、ちょうど店内に入ろうとしているヒノハラくんを見る。

 

お互い比較的近所に住んでいても体育館以外で会うことはまずないのに、クラブやバスケで心細くなっているその時に偶然出会う。

 

いろいろなことを流れに任せてずっとやって来たけど、その流れというものへの自分の信頼感はこういう時に増してゆく。

 

店内でヒノハラくんと話す。

 

「(会うことができて)ちょうどよかった、ってわけでもないけどね。右腕が痛くてシュートが打てないんだよ」

 

ヒノハラくん、笑いながら。

 

「練習しすぎじゃないですか。シュート入るけど」

 

「普段の仕事もね、手とか腕とか負担かかること多いからね」

 

「じゃあ、左手でやりますか。5年計画とかで。自分もこないだ股のあたりを痛めて・・・」

 

「自分のも関節というより、筋なんだと思うんだよね」

 

「筋ですよね」

 

「年取るとまずは筋だよね。まあそんな状態なんで、報告しときます」

 

 

※ ※ ※

 

 

(続く)

 

 

 

 

終わりの始まりの始まり その5

 

6月30日(木) 前回の続き

 

2020年の暮れを最後に、数回の例外を除いてクラブB&Jには誰も来ていない。それでも状況の変化を期待して体育館を開けることを続けていたら、いつの間にか1年半が過ぎてしまった。

 

いい加減に幕を下ろさなければならない。

 

電灯をつけていない(自分1人だからつけない)広い体育館のなかで、かって参加していた子供たちの姿を思い浮かべる。

 

この9月には終わりにしようと考えていたのだけど、痛みで練習ができないのでは1人でここにいる気にはなれない。

 

すぐに帰ってしまおうかと思った。だけど左手でシュートなどしてみたら、あまりのできなさが逆に新鮮で、約束の30分(この数年、30分経って誰も来なかったら休み、と参加者に言っている)が来るまで利き腕でない左手で練習をした。

 

 

※ ※ ※

 

(続く)

 

 

 

終わりの始まりの始まり その4

 

6月26日(日)

 

夕方から日曜日のバスケ。ジャンケンで3チームに分かれる。

 

今日も隣町チームの20代の若者が数人来ていて、彼らは次から次へとシュートを決めるのに、自分のシュートはすべてリングに嫌われる。

 

安定している彼らも、安定しない自分も通常通りではあるのだけど、いつもと違って今日は少々落ち込んだ。

 

彼らは5月22日の大会で1試合に5本のシュートを決めた時の対戦相手でもあって、これはきっとリベンジか何かなのだと思ったりした。

 

 

6月30日(木) クラブB&Jの日

 

 

体育館でシュートを打つと手から肘にかけてが痛い。

 

痛みは軽いが、近くからでもリングに届くシュートが打てない。

 

春になっていつの頃からか、右肘のあたりが軽く痛むようになった。

 

たとえば、磨き終えた歯ブラシの水を払うときに痛み、前進で停めたコンビニの駐車場からバックで車道に出るために右ハンドルを切る動作で痛む。

 

バスケでは、5月22日の第1回大会では腕の状態を意識することはなかったが、6月19日の第2回大会ではいくらか支障があったのか試合の合間にしきりにストレッチなどをした挙げ句に、その夜には右手を開いたときに張りを感じて、それからは肘に加えて指のあたりも痛むようになった。

 

それでも、先日の日曜まではバスケができていたのに。

 

これではもうできない。

 

 

※ ※ ※

 

 

(続く)